浮気を笑うものは浮気に泣く
ホーム > > コンテンツSEOの強み

コンテンツSEOの強み

コンテンツSEOではバラエティーに富んだ検索ワードに対し、コンテンツという受け皿をそれぞれ沢山下準備することでアクセスアップを狙います。

このため、集客に貢献するキーワード(ヤフーやグーグルの検索結果上でクリックされるキーになる単語)は自動的に多彩になります。

集客可能なキーワードの種類が多くなったら、グーグルのアルゴリズムアップデートや競合サイトの登場によるアクセス数低下も起こりづらくなるためアクセス数が安定化します。

もしも、アクセスを1種類のキーワードにおんぶに抱っこのサイトだったら、そのキーワードの検索順位が下がってしまえば、致命的なダメージをこうむります。

しかし、1000種類のキーワードで呼びこんでいるサイトなら、そのうちのひとつのキーワードの順位が下がっても、残りの999のキーワードは安全なので、ほとんどトラフィック数は損なわれません。

コンテンツSEOは預貯金や財テクに似ています。多種類のキーワードで集客したらPVが安定するというロジックは、投資の世界における「分散投資は安定性が高い」というような考え方と同じようなものです。

コンテンツを増加すれば増加するほど、集客できるキーワードが様々に展開されていくのでトラフィック数の安定性は頑丈になっていきます。



新聞広告やコマーシャル等のごく一般的な広告媒体では、商品・サービスの需要をすでに自覚し、売上げに結びつきやすい見込み客にしかリーチ不可能です。

需要をまだ自覚していない潜在顧客とも接点を獲得しようとしたら、こういう広告では情報を届ける人数の増加と比例してコストが高額になっていきますから、投資対効果)がひどくなり、マイナスのリスクが出てくるからです。

しかし、見込み客は潜在顧客の数と比べてはるかに少ないので、いつか見込み客がすっからかんになってしまう恐れがあるのです。

一方、コンテンツSEOだとしたら会社内でコンテンツを作れば料金は発生しませんし、作ったコンテンツ自体は維持0円でず~っと公開されます。

そのため、コンテンツSEOではROIの悪化に気を取られることなく、潜在顧客の拡大に乗り出せるというわけです。

潜在顧客をゲットする手段の代表になるのが、ノウハウ・教育系のコンテンツになります。
これは、商品・サービスのセールスではなく、自社の事業とからむ情報・知識・ノウハウをアクセスした人に伝えることにしぼったコンテンツになります。

具体的に言えば、お風呂場のバリアフリーリフォームを得意とする工務店だったら、「高齢者の入浴時の危険性」を解説したコンテンツをアップするのです。

こうすれば、バリアフリーリフォームの入り用はまだ感じていなくても、両親が老齢で心配している人々にも会社ホームページへ訪問してもらえます。

売り込み系コンテンツよりも圧倒的に幅広い層と接点を持てるのが、ノウハウ・教育系コンテンツの強みです。

SEO対策 コンテンツ